Photo by move?フォトギャラリー
<パガニーニについて>
イタリアのジェノバで生まれたパガニーニ(1782年〜1840年)は
ヴァイオリンは超技巧の腕前であり、彼の演奏はヨーロッパの
聴衆を魅了した。しかし、人気もかなりあったのですが、
不摂生な生活(不道徳)などで最後は寂しい死を迎えた
ようです。

パガニーニ登場で今までになかった奏法が編み出され、
ヴァイオリンの奏法に革命をもたらしたともいわれています。
(とにかくパワフルなんだから)

------------------------------------------------

<24のカプリースについて>

この曲集はパガニーニ流ヴァイオリン奏法のすべてが網羅されて
おり、世界中のヴァイオリニストが取り上げるレパートリーの
一つです。
やっぱり、狂おしいメロディーを書いたり、演奏するヤツは
基本的に恋愛にも積極的みたいですね。

「カプリース」とは
カプリッチョともいい奇想曲を意味する。
奇想曲とは愉快で気まぐれな器楽小曲に付けられた名称
(新音楽辞典 参照)


少しでも気に入っていただけたらクリックしてあげて下さい。ランキングサイトです。よろしくお願いします。
音楽サイト ランキング


戻る