ファゴットとピアノのためのソナタ ト長調 作品168
 (Sonate pour Basson avec accompaniment de Piano, Op.168)

サン=サーンス最晩年の小さな傑作、木管楽器とピアノのための3つのソナタのうち、最後の作品でございます。
3つのソナタを書き上げたサン=サーンスは、どうやら3曲でこの連作を終えるつもりはなかったようですが、肺炎のためにアルジェで急逝し、結局このファゴットとピアノのためのソナタが絶筆となりました。

曲は3つの楽章から構成され、典雅な第1楽章、スケルツォふうの第2楽章、アレグロの終結部をもったゆるやかな第3楽章と、短い中にも多彩な変化に満ちた作品となっております。
ちなみに、この曲は4楽章構成と看做されることもあるようでございますが、私の使いましたデュラン社の楽譜では3楽章構成となっておりますので、ここでもそれに従いました。

(2008.4.22〜4.30)

ファゴットとピアノのためのソナタ ト長調 作品168・全曲連続再生 

第1楽章/アレグレット・モデラート (I. Allegretto moderato) 
第2楽章/アレグロ・スケルツァンド (II. Allegro scherzando) 
第3楽章/モルト・アダージョ―アレグロ・モデラート (III. Molto adagio - Allegro moderato) 

◇「木管楽器のための3つのソナタ」に戻ります◇
◇背景画像提供:フリー写真素材Canary様
◇MIDIデータ作成:Jun-T  ◇録音:jimma