フランクール/アルトワ伯の婚礼の祝宴のためのサンフォニー
(Francœur : Symphonies pour le festin royal du Comte d'Artois)

ここ数年折を見てはこの曲の楽譜を探していました。若い頃に聴き、10年くらい前にCDを買って、楽譜があったらやってみるのになぁと思っていました。

去年の夏から、通勤途中(10分弱)の車の中で、ほとんどそのCDばかり聴いています。VIとWIVIを使って曲をすることにほとほと嫌気がさしていたので、ほかの作曲家の曲はまったく手につかず、フランクールの曲の楽譜さえ手に入ったら、何曲かしてみるかも知れないのにと思ったのです。

その楽譜が、今月の初めについに見つかりました。検索していたところ、ときどきあるような図書館のライブラリーのようなページがヒットして、いくつかのリンクをクリックしても、楽譜本体は現れません。ただここにありますよ、というだけなのかと思いつつも、決心して、2行くらいの英語で、この楽譜が見たいとメールしました。そしたら、ものの数分で、いいよ、リンクを送るからダウンロードしてくださいとの返事がありました。こんなに簡単に手に入るものなんて、ちょっと信じられないような驚きでした。ただし、楽譜は手稿です。今までは、その曲をしたくても、手稿しかない場合は、あ、やめとこと、すぐにあきらめていました。手稿は見づらいうえに、楽器編成がよくわからないことが多いからです。

今回は、何年も探していた楽譜で、ほかにする曲が浮かばないとなると、手稿を使ってでもやってみるしかないわけです。うれしいと同時に、またあのひどい音を聴かなきゃならんのかと腰が引けました。

この曲集は、4つの組曲からなっており、全部がフランクールのオリジナルというわけではなくて、フランクールの曲は1/3程度のようです。ほかは、ラモーをはじめ、あまり聞いたことのない数人の作曲家の曲の引用です。これが市販の楽譜が手に入らない理由の1つかも知れません。編成は、それほど大きくなくて(これが私にはありがたいことです)、弦に金管と木管が少し、それにティンパニが入るくらいです。にもかかわらず、実に華やかな響きが、少なくともCDではします。私の持っているCDは、古い録音ながらパーヤール室内管弦楽団の演奏で、「空想の音楽会」というシリーズの中の2巻です。これには第4組曲の抜粋と第2組曲が入っています。残念ながら現在は廃盤のようです。1966年の録音で、ときどき音切れのようなものが入りながらも、実にいい演奏だと思います。

何十年も音楽を聴いて、人生の最後近く(かどうかは分かりませんけれども)になって、よりによってフランクールなのかという気はしながらも、とにかく1曲始めたので、興味がなくなるまでは、あと何曲かできるんじゃないでしょうか。


組曲第2番からガヴォット (Suite No.2 Gavotte) 
組曲第2番からコントルダンス (Suite No.2 Contredanse) 
組曲第4番からメヌエットT・U (Suite No.4 MenuetI, II) 
組曲第4番から優しいアリア (Suite No.4 Air tendre) 
組曲第4番からロンドーふうのアリア (Suite No.4 Air en Roudeau) 
組曲第4番から陽気なロンドー (Suite No.4 Rondeau gay) 
組曲第4番からミュゼット (Suite No.4 Musette) 
組曲第4番からロンドー (Suite No.4 Rondeau) 
組曲第4番からロンドー (Suite No.4 Rondeau) 

◇あそびの管弦楽に戻ります◇
◇背景画像提供:「自然いっぱいの素材集」
◇MIDIデータ作成・録 音:jimma