ドビュッシー/交響的断章「聖セバスティアンの殉教」
(Claude Debussy : Le Martyre de Saint Sébastien - Fragments Symphoniques)

ドビュッシーはその生涯にいくつかの舞台作品を書いておりますが、10年の長年月をかけて完成されたオペラ「ペレアスとメリザンド」(1893〜1902)を除くと、今日劇場のレパートリーとして残っている作品は皆無に等しいと申さねばなりません。
これら半分忘れられたような作品中、オペラでも演劇でもない「神秘劇」と銘打たれた「聖セバスティアンの殉教」は、その規模の上で「ペレスとメリザンド」に匹敵する大作でございます。上演時間5時間に及ぶ全5幕のこの「神秘劇」(ただし、ドビュッシーによる音楽は通算1時間程度)は、後期に入ったドビュッシーの力作として、もう少し注目を集めてもよい作品ではないかと愚考いたします。

イタリアの詩人・作家ダヌンツィオ(Gabriele D'Annunzio:1863〜1938)の台本、ユダヤ系ロシア人の女優・舞踏家イダ・ルビンシテイン(Ida Lvovna Rubinstein:1885〜1960)の主演で上演される予定の「聖セバスティアンの殉教」の音楽を委嘱され、ドビュッシーが作曲に着手したのは1911年の1月のことでした。
初演は同年5月に決定されていたため、大作であるにもかかわらず、作曲のための時間が4ヶ月ほどしかないという状況で、ドビュッシーはこれまでにない強行軍を余儀なくされます。作曲とほとんど同時進行でオーケストレーションを行なわなければ間に合わないと考えたドビュッシーは、信頼する友人のアンドレ・カプレ(André Caplet:1878〜1925)にオーケストレーションの助手を依頼し、管弦楽編成ではほぼ共作という形で音楽を書き進め、どうにか初演に間に合わせることができました。じっくりと時間をかけて、丹念に筆を進めた「ペレアスとメリザンド」の時とはえらい違いでございます。


イダ・ルビンシテイン

聖セバスティアヌス(ルーベンス画)

セバスティアヌス(?〜287)はローマの軍人でしたが、キリスト教徒でございました。皇帝ディオクレティアヌスによるキリスト教大弾圧の時代に、セバスティアヌスはローマで数々の奇跡を起こし、捕えられて全身を矢に射られて処刑されます。が、なんと死んだと思われたセバスティアヌスは蘇生し、またもキリストへの忠誠を誓い、ディオクレティアヌスを論破しようとしたため、今度は棍棒で殴り殺されたということでございます。
数ある聖人の中でも、2度も殉教したという人は珍しいのではないでしょうか。

1911年5月22日にイダ・ルビンシテイン主演、カプレ指揮で初演された「聖セバスティアンの殉教」は、音楽の内容とは全然無関係なところで騒ぎをもたらしました。当時のパリ大司教が、すべてのカトリック教徒に対して、この作品の鑑賞を禁止したのでございます。理由はユダヤ人であるイダがキリスト教の聖人を演じるという点にあり、この問題はさらに発展して、ダヌンツィオの著書がローマ教皇庁の禁書に指定されるまでに至ったということでございます。
話題性という面では充分すぎるほどセンセーショナルだったにもかかわらず、作品そのものは一般聴衆の共感を必ずしも得ることができず、今日に至るまでこの神秘劇が完全な形で上演されることはほとんどございません。
しかしながら、ドビュッシーの書いた音楽のみは稀に演奏される機会をもち、演奏会形式での録音も複数存在いたします。

原曲はナレーションを含む独唱、合唱と管弦楽のために書かれておりますが、オーケストレーションを手伝い、初演の指揮も担当したカプレによって純粋な管弦楽のために再構成された組曲形式の交響的断章「聖セバスティアンの殉教」の存在は、この作品を忘却から救い出すのに大きく寄与しております。
交響的断章「聖セバスティアンの殉教」は、全5幕から抜粋した音楽を4つの楽章に再構成したもので、1924年にピエルネ(Henri Constant Gabriel Pierné:1863〜1937)の指揮で初演されました。
それらは、以下のようになっております。

第1楽章:百合の庭
第2楽章:法悦の踊りと第1幕の終曲
第3楽章:受難
第4楽章:よき羊飼い

この交響的断章を2台のピアノのために編曲しておりますのは、ガルバン(Lucien Garban:1877〜1959)という人でございます。ガルバンはラヴェルの友人で、「ラ・ヴァルス」などラヴェルの作品をはじめ、フランス近代音楽をいろいろとピアノ連弾や2台ピアノのためにアレンジしているようでございます。
弊サイトでは、このガルバン版を使用しておりますが、原曲には第3幕の冒頭に非常に印象的なファンファーレが置かれており、削除するのはもったいない気がいたしますので、短いながらもこれを第3楽章として挿入しております。この部分には2台ピアノのアレンジがございませんので、やむをえずJun-Tが編曲いたしました。
さらに、カプレ編の交響的断章には、原曲の最終部分である「天の国」がまったく含まれておりません。声楽の比重の大きいこの部分は、コンサート用のオーケストラ曲としては不適当というカプレの判断があったのかもしれませんが、「よき羊飼い」で曲を終わりにするのは少々惜しいので、この部分も拙いながらもJun-Tが第6楽章として2台ピアノ用にアレンジいたしました。
というわけで、あそびの音楽館版「聖セバスティアンの殉教」は、カプレ編集による交響的断章とはだいぶ姿かたちが違っておりますことをご了承願います。

演奏される機会に恵まれないとはいえ、後期ドビュッシーのユニークな魅力が満載された「聖セバスティアンの殉教」、作曲者の生誕150年を記念したささやかな試みとしてお楽しみいただければ幸甚でございますm(__)m


第1楽章:百合の庭(I. La Cour des Lys) 
第2楽章:法悦の踊りと第1幕の終曲(II. Danse extatique et Final du 1er Acte) 
第3楽章:邪神の集会(III. La Concile des faux Dieux) 
第4楽章:受難(IV. La Passion) 
第5楽章:よき羊飼い(V. Le bon Prsteur) 
第6楽章:天の国(VI. Le Paradis) 

交響的断章「聖セバスティアンの殉教」・全曲連続再生 

◇あそびのピアノ連弾に戻ります◇
◇背景画像提供:自然いっぱいの素材集
◇編 曲:L. ガルバン ◇編曲・MIDIデータ作成:Jun-T ◇録 音:jimma