hiro's M bar

プレイヤーの右の▼からDownLoad mp3
上にプレイヤーが表示されない場合やスマホは下のボタンからどうぞ

いつかの夏空

 

 

 あの日 君が言った言葉も聞かずに
 子供じみた言い訳 困らせていたね
 二度と逢えぬ あの日 あの時 あの時間が
 ただ今はたまらなく眩しい

 愛しい貴女は今は薄紅に染まり
 幸せの中で微笑んでいるだろうか
 今はもう届かない過ぎ去りし日を
 映していた いつかの夏空

 明日をつかめると信じて夢を追いかけた
 大切な何かをまた一つ無くして

 

 傍らにはいつも同じ笑顔を
 閉じ込めた旧いアルバムの中
 愛の意味も 恐れも 矛盾も 光の陰も
 知らずにいたあの日の少年

 夢中で駆け抜けたあの頃 曇りも許せずに
 何も判らぬまま今も探して

 夏空 風が誘う
 今にも 零れそうな青
 あの日呑み込んだ涙が胸の奥に支えたまま
 次の扉を開ける事さえ出来ず 埋れていくんだ

 
 初恋は遠く夏空に消えた
 千切れ雲 何処か自分に似ている
 もう一度 置き忘れたあの場所で
 その夢の続きを見たくて

 その貴女は 深きあの青に似て
 その恋は いつかの夏空


 

anyhoo143@gmail.com